So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2D・字幕版) [洋画レビュー]

Star_Wars_The_Last_Jedi.jpg「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(2D・字幕版)

もう3年近くも放置していて、今更フォーマットを合わせてもしょうがないから何もかもすっ飛ばして感想を笑。ネタバレも気にせず書くので、観てない人は観てからも一度来てね。


「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」もレビューしてないのに、今作を急に書きたくなったのは、やっぱりキャリー・フィッシャーの死という要素が否定できない。マーク・ハミルもそうだが、Big HitどころかBiggest Hitな旧三部作主演という華々しさから一転、何とも切ない人生を送ってきたキャリー。それでもこうやって「スター・ウォーズ」に帰って来て、みんなに暖かく迎え入れられてから亡くなったことは、それだけでもこの新たな三部作をつくった意味があったと思える。

さて、「最後のジェダイ」である。まぁワタシ的にはほぼ忘れてた笑「フォースの覚醒」の感触も含めたレビューとなると思うが、一言で言うと「やっぱダメ」という事になると思う。

なんでこうもダメなのか。「フォースの覚醒」の段階で、なんだかどうでもいい映画、という感じなのである。だから劇場で一回だけ観て、その後全く見返していない。

歳を取ったから新しいものが受け入れられないのか、とも思った。でも受け入れられなかったエピソード1〜3ともまた違う受け入れられなさなのだ。ここには何か理由があるはずだ。

どうも今回のシリーズ、全体から受ける印象がモノ凄く散漫なのである。芯が感じられない。

なんだかいろいろな惑星が出てきて、いろんなキャラが登場する。落ち着かないのだ。今回で言うと、新しい三人組のレイ、フィン、ポーは全員バラバラに行動している。それぞれにいろんなことが起こる。レイはカイロ・レンとルークの間でふらつき、フィンはローズと仲良くなる。ポーはレイアに噛み付き、ホルド提督に噛み付く。細切れなのだ。話が同じようなボリュームで並行して進むとどれにも集中できず、観ていても取り残された気分である。

しかも登場人物がやたら多い。新三人組+カイロ・レンにハンが死んだとは言えルークとレイア、皇帝(?)スノーク、ローズ、そして何やらホルド提督までそこそこスポットを浴びてしまう。これでもう9人である。ちょっと…いやかなり多い。
例えば旧三部作ではエピソード4が主役三人組+ダースベイダーとオビ=ワンの5人だけである。エピソード5は4人+ヨーダ、ランドの6人。エピソード6は4人+ダース・シディアスの5人。今作に比べると半数くらいの感覚である。

登場人物が多いという事は、それぞれのエピソードが少なくなり描写も短くなり、キャラが薄まっていくことに他ならない。だからスノークはあっさりやられちゃうし(失笑)、レイはいきなりフォースに目覚めちゃうし、そのまま暗黒面まで見ちゃう。スジがいいとか言うレベルの問題じゃない笑。エピソード5でのルークの苦労は一体なんだったんだと。エピソード1の『ミディ=クロリアン』並の興ざめポイントである。
レイとカイロ・レンの交流も、なんだか足早過ぎて全く感情移入できない。『心を読めるから意思の疎通が早い』的な説明をされても、それってキャラの感情を無視してるんじゃないの?と思わざるを得ないのである。

どう考えても今作をもっとマシにするなら、新三人組を分けるなら二つ(レイ、フィン&ポー)にして、レイがルークの説得に、フィンとポーが敵防御シールドの解除に携わり、レジスタンス本丸の話は最小限にすれば良かったのだと思う。金(Budget)があり、何をやってもそこそこヒットすることが確約されているような「スター・ウォーズ」だからこそ、もっともっとストイックに製作して欲しいと思うのだ。

ところで書き出しで書いたように、キャリーの遺作となった今作。一番のグッと来たポイントは最後のレイアとルークの再会のシーンだ。役者として私人として「スター・ウォーズ」のせいで苦労の多い人生を送ってきた二人が、スクリーンの中で、「スター・ウォーズ」の映画スクリーンの中で再会する…こんなのは反則である。上に文句をたくさん書いたのに、ホントにここだけで水に流したくなる(流さないけど)シーンでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。