So-net無料ブログ作成
検索選択

「機動戦士ガンダム」35周年記念の内容が明らかに。 [その他情報]

gundam_daiba1.jpg出ましたね、35周年イベント内容。

機動戦士ガンダム35周年記念ポータルサイト

動画は見てないんですが、簡単に内容を転記しておきます。

1.「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に」5月17日公開
2.「Gのレコンギスタ(富野由悠季監督)」今秋公開
3.「アニメ版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN」来春公開
4.「TOKYOガンダムプロジェクト2014」
5.「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」今夏・大阪、来夏・東京で開催
6.「REAL G Next Project」40周年に向け始動

・・・・という感じですね。

詳細はそれぞれの公式ページを見ていただければと思いますが、ワタシ的にはトミノ監督の新作がただのアニメだったのがガッカリっす(笑)。てっきり本気で実写作品だと思ってたんで。しかもまたも絵柄は「ターンエーガンダム」ちっく・・・・好みじゃない(笑)。

それから「〜THE ORIGIN」は、なんと四部作だそうで・・・・今回のものを見ると、漫画でも注目された“過去編”を中心に再構成されるように見えます。もしかして時系列で並べ替え、「ファーストガンダム」の手前までを描く!?という事もないと思いますが(それではガンダムが出て来ず、ガンプラの売上への貢献が難しいだろうから)。

今となっては大々的に劇場公開というわけにもいかなそうに思うので、劇場で上映されるとしても限定公開かな?要は「機動戦士ガンダムUC」と同形態くらいと予想。それぐらいが妥当なところかもしれませんけどね。

あとは、40周年に向けた「REAL G Next」ってのが何か気になります・・・・当然ザクを期待するわけですが、まさかΖとかSEED系とかのガンダムを持って来たりしないですよね!?よろしくお願いしますよ、サンライズさん(笑)。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハワイ観光はタロウと共に!?「ウルトラハワイ」!!! [その他情報]

ultrahawaii.png先日、アミュプラザ博多の広告にウルトラの母が登用された事をお伝えしましたが、今度はハワイ観光局です!!(笑)

ウルトラマンタロウを中心に、ウルトラの父とウルトラの母が出て来て家族旅行という設定。しかし、そこになぜかバルタン星人とピグモンがくっ付いて来ています(笑)。その辺りの事はこのページの一番下に書かれてますね(笑)。

しかし、見れば見るほど細かく手が込んでいるこのサイト。ワタシも全ては見切れてないのですが、ファンとしては隅々まで見て“ニヤッ”としたいところです。

愛すべき、青い地球のまんなかへ。ウルトラハワイ

ムービーもいろいろ埋め込まれているようで、バカバカしくも楽しめそうです。これからハワイへ行く計画がある人はもちろん、ない人も見てると楽しいと思うのでぜひ(笑)。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

これは行きたい!…けど行けない「生頼範義展」於みやざきアートセンター [その他情報]

51clWbKP1JL._SL500_.jpg生頼範義氏と言えば、ワタシにとってはあの「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」のインターナショナル・ポスターの画をルーカスフィルムから依頼されたイラストレーターという印象が最も強いですね。それもあって、この左上の画像の画集「生頼範義イラストレーション」も当時買って、今でも持っています。

その後、平成VSゴジラシリーズのイラストなども手がけていく事で、長らく映画業界とも繋がっていくわけですが、やはり「スター・ウォーズ」を手がけたインパクトに勝るものはなかったですねぇ(笑)。

そんな生頼範義氏の展覧会が3月23日まで開催されているのですが・・・・

生頼範義|みやざきアートセンター企画展2014

と、遠い・・・・神奈川在住のワタシにとっては、宮崎は余りに遠いっす(汗)。

何とか巡回展してくれんでしょうかのぉ・・・・。





タグ:生頼範義
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

3月20日、何かが起こる!?〈ガンダム35周年企画〉サイト公開。 [その他情報]

gundam.jpg30周年時の記事でファーストガンダムに対する思いを書きましたが、それからもう5年が経とうとしているんですね。

ガンダムは今に続くまで次々と新作が製作されて来たためか、何周年という盛り上がりはあまり感じなかったのですが、今回は割と盛り上げて行くんでしょうか。わざわざ35周年記念サイトを作って公開しています。

機動戦士ガンダム35周年記念ポータルサイト

まだ宣言的な言葉が書かれているだけでコンテンツはないですが、一番下に「3月20日午後5時〜ライブ配信」という枠が!わざわざライブと銘打つという事は、当然記者会見的な発表がされるものと思われます(作られた映像なら、見られるようにネット上に置いておくだけで、それを公開するのが普通ですからね)。

ワタシが真っ先に思い浮かんだのは、やっぱり「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」アニメ化の話だったんですが、この製作自体はもう公になっているし、せいぜい例えば一部の映像と公開方法(OVAかTVかなど)くらいじゃライブ配信する意味ほとんどないですよね?

現在判明している35周年のガンダム行事(笑)としては、「ガンダムUC」の完結、「ガンダムビルドファイターズ」、「ジ・オリジン」アニメ化、そして富野由悠季監督の新作、というもの。

もし発表が「ジ・オリジン」絡みでないとすると、トミノ監督の新作の話題なんでしょうかね?

トミノ監督というと思い出すのは、先日発表になったレガシー・エフェクツ社との提携です。レガシー・エフェクツというと聞き慣れませんが、要は故スタン・ウィンストンの門下生たちの会社。そことの提携で新しいものを作りたいという話です。

提携作品の第一作は是が非でも成功させたいという事でガンダム系の作品である可能性もありそうという事だったので、コイツが35周年に組み込まれているのかもしれません。レガシー・エフェクツは「パシフィック・リム」のVFXなんかも手がけている会社なので、作品自体が実写かどうかは別として、ハリウッド譲りのモビルスーツ描写なんかが期待できるかな(「G-SAVIOUR」なんていう鬼子もいましたが…www)。

ちなみにこのトミノ監督新作の内部での呼称が「Gレコンキスタ」らしい。安彦さんの「ジ・オリジン」に対抗して、トミノさんが『ガンダムを取り戻す!』作品になるのかもしれないですね。

まぁ自分としてはファーストガンダムは“あれ”以外に存在しないので(他でもせいぜい当時のトミノ小説版まで)、いくらトミノさんが作っても“違うもの”になってしまうと思いますが(笑)。

何にしても、また面白い、ワクワクするような作品が出来上がればいいですね。まずは3月20日に注目しましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

博多駅ビル広告にファッショナブルなウルトラの母♪ [その他情報]

n-2366-01b.jpgウルトラシリーズも過去の栄光に浸り過ぎで目立った新作もなく、最近はワタシも映画すら観に行かなくなりましたが(笑)やっぱり「〜レオ」辺りまでのキャラに関してはちょっと反応してしまいますねぇ。

かくいうワタシも神奈川在住なので知らなかったですが、九州博多の駅ビル〈アミュプラザ博多〉の大規模リニューアルが終わって3月1日にグランドオープンしたのですが、それにともなうリニューアルオープン広告のモデルに“ウルトラの母”が起用されています。

ニュースにもなっていますが、下記サイトが当該ファッションビルの公式サイトです。

AMU 3.1 ULTRA RENEWAL
JR博多シティ アミュプラザ博多

左上のポスターといい、なかなかキャッチーですねぇ。下に貼り付けときますが、CMもちゃんと作ってあります。合成などは簡単に済ませた感満載で、制作費の安さを感じますが(笑)それでも円谷プロが全面協力しているのでしょう、キレイな仕上がりではあります。

まぁ、ターゲットの女性たちに対してアピールできるのかは未知数ですけど(笑)。




小売業広告担当出身者としては、こういうの見ると『頑張ってるなぁ』とちょっとうれしくなりますね(笑)。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【速報】来年2月5日(火)〜10日(日)、南青山で個展やります。 [その他情報]

写真.JPG今日決まりました。

2013年2月5日(火)〜10日(日)の期間で、南青山ギャラリーSPACEKIDSにて「tomoart作品展 チャックま のおなか。in 南青山(仮称)」を開催します。

詳細はまた追って掲載しますが、よろしければスケジュールに入れておいてください。よろしくお願いします。
タグ:チャックま
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

これは見たい!「バットモービル」特番!! [その他情報]

snap081.jpg1966年版のバットモービルも結構好きなんですよね。
GIGAZINE
歴代のバットモービルが総出演する公式ドキュメンタリー「THE BATMOBILE」
ワタシ的には1966年版とバートン版のバットモービル以外はどーでもいいんですが(笑)この番組自体は楽しそう。ぜひ字幕でいいのでNHK-BSプレミアム辺りで放送して欲しいですw

それだけでは何なのでwワタシのそれぞれのバットモービルに対する感想でも。

1966年版は作品の記憶はアメコミばりの書き文字擬音くらいしかないけど(笑)モービルはミニカーも持っててかなりのお気に入りでした。当時のアメ車のスタイリングのカッコいいところが凝縮された感じのデザインに、真っ赤なラインが印象的な黒いボディ、未来的なキャノピー状のウィンドウなど、当時はかなり未来的に感じたと思います。今見てもクラシカルモダンなデザインは魅力的では。全身タイツのバットマンは今じゃヤヴァイっすけどね(笑)。

バートン版「バットマン」「〜リターンズ」のバットモービルは何と行っても超ロングノーズ・ショートデッキの美しいフォルムですよね。その後のアメコミヒーロー映画の標準となるボディスーツ状のコスチュームデザインと相まって、ビジュアル面で伝説的な作品になったと思います。

「〜フォーエヴァー」と「〜Mr.フリーズの逆襲」のモービルは、あまりにも装飾過多!劇中では演出でちょっとカッコ良く見える時もあるけど、機能的に無駄な部分が多過ぎて、マトモに見えると興ざめしてしまう(汗)。内照式のブルーライトなんか、どうもヤンキー車に見えて仕方ない(笑)。バートン版から変えなければ、という使命もあったかもしれないが、それにしてもこれはヒドいwww

クリストファー・ノーラン版「〜ビギンズ」「ダークナイト」そして「ダークナイト ライジング」のモービルは、言っちゃえば“ガンダム的”。無骨なデザインは好きな人もいるかもしれませんが、ワタシ的にはドン臭いデザインと言ってしまいます(笑)。バットポッドはそれなりにカッコいいものの、同じ機能で行けばやっぱりバットミサイルの方がカッチョいいと思ってしまう(笑)。

間もなく「ダークナイト ライジング」が公開され、クリス・ノーラン監督の三部作も終結するわけですが、多分その後それほど期間を置かずにまたあらたなバットマン映画が作られるでしょう。今後も新たなバットモービルが観客を楽しませてくれる事を期待しましょう。



バットモービル クラシックビンテージ

バットモービル クラシックビンテージ

バットモービル(バットマンver.)1/35プラモデル

バットモービル(バットマンver.)1/35プラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
EX MODEL 1/35 バットモービル バットマンフォーエバーVer.

EX MODEL 1/35 バットモービル バットマンフォーエバーVer.

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
1/35 バットモービル(バットマンビギンズ版)

1/35 バットモービル(バットマンビギンズ版)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ダークナイト 1/25 バットポット

ダークナイト 1/25 バットポット

  • 出版社/メーカー: メビウスモデル
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

海外ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」続編放送決定! [その他情報]

Sherlock_titlecard.jpg以前NHKで放送され、ワタシも見てなかなか面白かった事をTwitterかなんかで呟いた気がするが(笑)、いかにも「続く」という感じで終わったのに続きが放送されないのでどうなったかと思っていたら、いよいよ放送されるらしい。
NHK BSプレミアム|NHK 海外ドラマ
SHERLOCK(シャーロック)2
前回見逃した人のために、ちゃんと最初に再放送がくっ付いてるのがさすがNHKだなぁ(笑)。ありがたいっすw

基本的にはあのシャーロック・ホームズ譚を現代に翻案したものだが、携帯電話やネットを駆使して推理していくスタイルがホームズ譚としては新鮮。メディアが違う(テレビシリーズと映画)ものの、同時期製作となったガイ・リッチー監督の映画「シャーロック・ホームズ」シリーズとの英米対決wという見方もあるかなw

歴史を持つ英国が現代に翻案し、歴史の浅い米国が雰囲気を変えながらも19世紀のイメージを正しく引き継いでいるのは意外というより当たり前、と言えるかな(笑)。

3回で一シーズンとなっているらしく、以前放送した3回が第1シーズン。今回新たに放送されるのが第2シーズンという事らしい。前回の好評を受けてこの第2シーズンが作られた事を考えると、まだ続編が作られる余地があるのかな?なかなか全体が見えてこないのがもどかしいけど、面白いものが作り続けられて行くなら頑張って欲しいものです。

海外ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」放送は、第1シーズン(再放送):7月16日(月)~18日(水)21:00~22:30、そして今回初放送の第2シーズン:7月22日(日)、29日(日)、8月5日(日)22:00~23:30(いずれもNHK BSプレミアム)。忘れないようにしないと♬



SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]

SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]

シャーロック・ホームズ 1&2 ブルーレイ・ツインパック(初回限定生産) [Blu-ray]

シャーロック・ホームズ 1&2 ブルーレイ・ツインパック(初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「バクマン。」なんだけど… [その他情報]

51HdppasUSL._SS500_.jpgジャンプの連載はもう終わったんですね・・・・。
ホビー | マイナビニュース
[今週の新刊]24年ぶり復活「キン肉マン」 最終巻まであと1巻「バクマン。」
ワタシは原作は4巻止まり(友人から借りて読ませてもらった)、後はNHKのアニメで楽しませてもらってるだけなんで、マンガ系の情報はほとんど知らないもんで・・・・(汗)。

確かにあの話では延々とやって行けないもんね。マンガで成功しなきゃ漫画家として継続してやって行けないし、大成すれば恋愛成就となってめでたしめでたしで終わってしまうわけだし。そういう意味では当然なんだろうなぁ。

そう言えば同作者の「DEATH NOTE」も、あの内容の濃密さでずいぶん超大作な気がしてるけど、単行本は12巻で終わってるんだよね。そう考えると20巻はよく頑張ったと言えるかもね(笑)。

ちなみにワタシはここまで来たらアニメで最後まで楽しみたいので、原作のラストとか書き込まないでね(って書くと誰かが書き込みそうだなぁw)。今度の秋冬の放送で最終回まで行くのかなぁ。



バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/01/05
  • メディア: コミック
DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/04/02
  • メディア: コミック

タグ:バクマン。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。