So-net無料ブログ作成
検索選択

米で「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がロケットスタート! [洋画News]

GOTG-poster.jpgここまで何度か予告編を紹介して来た、マーヴェルの新しいヒーローチーム映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ですが、この週末の全米興収成績で記録的なヒットでロケットスタートを切りました!
Weekend Report: 'Guardians of the Galaxy' Obliterates August Record
Box Office Mojo
8月1日に全米公開されて3日間の興収が9,400万ドルと、8月公開の映画としては歴代1位だそうです。

ちなみにこのところジャンル映画の公開週末興収がアゲアゲな感じで来てますが(笑)今年全米公開して話題になった作品をまとめると、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の9,502万ドル、「アメイジング・スパイダーマン2」の9,160万ドル、「GODZILLA」の9,318万ドル、「X-MEN: フューチャー&パスト」の9,082万ドル、「トランスフォーマー/ロストエイジ」の10,003万ドルといった感じですかね。

週末だけで1億ドル前後を稼ぐってのは、やっぱりスゴい。1ドル=100円換算でも100億円って事で、日本だったら大ヒットしても最終興収ですら届かない作品が多いのにね(笑)。

しかし錚々たる顔ぶれの中で、新顔の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が9千万ドル超えグループに入って来るっていうのは、改めてマーヴェル映画の底力を見た感じがしますねー。

という事で、その「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」から、冒頭にチームメンバーの5人が宇宙刑務所に連れて来られるシーン(編集されて約5分間)が公開されていますので貼っときます。

英語ヒアリング出来たらギャグも分かって面白そうですが、ワタシみたいにダメな人でも何となく雰囲気は分かります(笑)。最後に今作で登場のヴィラン、サノスもチラッと登場してますので、それもお見逃しないように。サノスはこの映画ではそれほど活躍しないようですが、どうも「アベンジャーズ2」で本当の悪役として登場するとのウワサ!?ここで繋がって来るんですかね。

ますます楽しみな「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。日本公開はあと1ヵ月余り後の9月13日からです!




ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード (MARVEL)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード (MARVEL)

  • 作者: ダン・アブネット&アンディ・ラニング
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2014/09/03
  • メディア: コミック
Guardians of the Galaxy

Guardians of the Galaxy

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hollywood Records
  • 発売日: 2014/07/29
  • メディア: CD

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ついに「マッドマックス」4作目の予告編! [洋画News]

Mad_Max_Fury_Road_poster.jpg「マッドマックス:フューリー・ロード」は、メル・ギブソン最大の出世作でオーストラリア映画随一のアクションシリーズ「マッドマックス」シリーズの第4弾。

とは言え前作「マッドマックス/サンダードーム」が1985年だったので、30年を経ての公開となります。さすがにメル・ギブソンは主役の座を降り、「ダークナイト ライジング」でベインを演じたトム・ハーディがバトンを引き継いでいます。

役名がマックス・ロカタンスキーのままなので、もしかして話としてもそのまま単純に3作目からの続きという事になるんでしょうか。確かに監督も一緒だしねぇ・・・まぁこのシリーズは、前作を見てなくても問題なく楽しめるようになっていますが・・・・。



予告編のほぼ全てがアクションシーンという分かりやすいものになっています。普通こういう見せ方って、公開直前に一般客を引きつける手段としてやりますが、最初からこういうのって珍しいな(笑)。

まぁそれこそが「マッドマックス」なのかもしれませんね〜。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「エイリアン」ギーガー追悼Blu-rayBOX発売。 [洋画News]

Alien_vs._Predator_(2004)_-_Alien.jpgエイリアン」シリーズのビジュアルを決定付け、一昨年公開された「プロメテウス」までに影響を与え続けてきたアーティスト、H.R.ギーガーが、先日亡くなりましたね。5月12日、階段から転落し、病院に搬送されるもそのまま息を引き取ったそうです。享年74歳。もう一仕事も二仕事も出来る年齢での訃報は本当に残念でなりません。ああいう画風の方にかける言葉として適切かどうかわかりませんが、ご冥福をお祈りしたいと思います。

そしてその事を受けて急遽「エイリアン」シリーズのBlu-rayBOXが「ギーガー・トリビュートモデル」として発売される事になりました。


エイリアン H.R.ギーガー・トリビュート・ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

エイリアン H.R.ギーガー・トリビュート・ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



急に発売が決まったために、Blu-rayの内容は既存品の取り纏めみたいですね。ディスクに関する説明もなければ、通常BOXの場合はお約束のディスク並べた写真もない。まだ詳細は固まってないのかもしれませんけど・・・・以下想像も入っての紹介ですが(笑)。

1作目は今度発売される吹替版をフィーチャーしたもの。これは明言されてますね。

エイリアン 日本語吹替完全版 コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

エイリアン 日本語吹替完全版 コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



2〜4作目+特典ディスク2枚という構成は、アンソロジーBOXからじゃなかろうか。

エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX [Blu-ray]

エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



「プロメテウス」系の3枚はコレクターエディッションからかな。4枚組となっているけど、説明をどう読んでも3枚組にしか読めないのだが・・・・。

プロメテウス 4枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]

プロメテウス 4枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
  • メディア: Blu-ray


「プロメテウス」続編の話題も、なかなか出て来ないですね。一説には2016年春公開予定で企画が進んでいるという話もありますが、リドリー・スコットは今ポスプロ中の「エクソダス」、そして「ブレードランナー」続編という企画も抱えており、果たして「プロメテウス2」がホントに作られるのか、全く予断を許しません(笑)。

・・・・という中身なんじゃないかと見ています。まぁ「エイリアン」系はもう出尽くしてる感もあるし、既存品の集約にしかなりようがないんでしょう。「vsプレデター」系を入れなかったのが、逆に良識感を出してますね(笑)。

確かに全部をパッケージで買うよりは、今回の「ギーガー・トリビュート」の方が安いですけど、それにしてもちょっとなぁ・・・・(笑)

ワタシ的に期待したいのは、ホントは出来れば出版界から、ギーガー全集的なアプローチがあってもいいのじゃないかと。まぁ全集じゃいくらになるのか想像つきませんが(笑)。代表作が一冊になったような、お得な画集が出たら欲しいです(爆)。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マーヴェル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」予告編第3弾! [洋画News]

GOTG-poster.jpg第1弾第2弾は割と同じ映像が多かったですが、今回のは全く違う映像がふんだんに入っていて、いよいよ公開が近くなって来たな〜、という感じです。

今回の映像見ても、やっぱり地球は全く出て来てなさそう(草原っぽいところが地球かどうか判然としませんが・・・)なので、他のマーヴェル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品と一体どのように関連付けられて行くのか、まだまだ分かりませんねぇ。



ちなみにMCU作品については「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」「アイアンマン2」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」「アベンジャーズ」の6作品をフェイズ1、以降「アイアンマン3」「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」そして今作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と、ただ今撮影中の「アベンジャーズ2(The Avengers: Age of Ultron)」までの5作品をフェイズ2としています。

「The Avengers: Age of Ultron」のストーリーが、どうやら「アイアンマン3」の延長線として、トニー・スタークが自らの代わりに悪と戦ってくれるヒューマノイド型ロボット・ウルトロンを開発するも暴走、人類を滅ぼそうとする、と言った内容らしいので、完全に地球が舞台のお話しとなりそうです。

なのでもし「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が「アベンジャーズ2」に絡んでくるとしたら、しかもフェイズ2を集約する「アベンジャーズ2」の直前の作品になるわけで、地球と無関係に終わる訳がないはず。

いやー、気になるー(笑)。

マーヴェルが放つ宇宙を股にかけたヒーローチームの物語「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は8月1日全米公開、日本公開は9月13日の予定です。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

日本アニメ原作「Kite」予告編第一弾。 [洋画News]

Kite2014poster.jpg以前、ちょっと動画が出てきていたのですが、その時はなんだか今イチ、しかも原作の日本のアニメがR18というアダルトものだったので、ちょっと紹介し辛くてスルーしていました。

しかもなんだか、いかにも頓挫しそうなプロジェクトに見えたんで(笑)。それでもこうしてTrailerまで辿り着いたんだなぁ・・・・(笑)。



原作のアニメは梅津泰臣氏原作、脚本、キャラクターデザイン、絵コンテ、監督という作品。エッチシーンを除いたVer.も作られたそうですが、何れにしてもワタシは知りませんでした。

アニメでポルノという感性は、欧米ではあんまり考えられない気がするんですが、この「Kite」を企画した人はその「A KITE」を気に入ったらしい。それってポルノ部分をどう思ったのが、ちょっと聞いてみたい気もします(笑)。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ディズニー×マーヴェル「ベイマックス」最新予告編! [洋画News]

Big_Hero_6_(film)_poster.jpg以前Trailer第一弾をご紹介した「ビッグ・ヒーロー6(原題)」ですが、ほっぽらかしている間に邦題が決定、「ベイマックス」となりました。

その「ベイマックス」が最新のTrailerをリリースしたのでご紹介します。

交番にやって来て、歌舞伎顔の悪人の事を必死に警察官に説明しますが取り合ってもらえない様子の主人公ヒロ・ハマダ少年(原作から苗字が変わった様子)。それなら・・・という事で真っ白いベイマックス(どうやら大きいのは風船式で空気で膨らませてるんですね笑)にアーマーを被せ、歌舞伎野郎を退治しよう、というのが事の発端になるのかな?



まだまだ6人のヒーローのうち5人が出て来ない(クルマに乗ってるのがそれっぽいですが)ので、これから順に告知されて行くんでしょうね。公開は年末ですが、まだまだ楽しめそうです(笑)。

マーヴェル原作ディズニー製作の「ベイマックス」は11月7日全米公開。日本公開は12月20日です。

・・・・まぁ、これは多分マーヴェル・シネマティック・ユニバースとは関係ないでしょう(笑)。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Rベッソン監督Sヨハンソン主演「ルーシー」のCooooolなカーチェイスシーン!and more! [洋画News]

Lucy_(2014_film)_poster.jpg以前予告編を紹介した、リュック・ベッソン監督、スカーレットヨハンソン主演のスーパーヒロイン映画ルーシー」。麻薬によって特殊能力を獲得するという、アメコミヒーローとは違ったアダルティさが楽しみな作品ですが、何と言っても“あの”リュック・ベッソン監督という事で、期待より不安の方が大きい作品でした(笑)

しかし今回公開されたカーチェイスシーンを見ると、リュック・ベッソン的なのが良い転び方をしてる感じで、急に期待感が盛り上がってきました!

まずはその、見てるとニヤニヤしてしまう映像をご覧くださいw



ゴチャゴチャしたパリの街中を猛スピードで飛ばし平然としているスカージョのルーシーに対して、周りのクルマが大わらわしている様子がメッチャツボでした(笑)。この感覚は、例の「マトリックス・リローデッド」の高速道路アクションなんかよりよっぽど楽しい!!!

ついでに数日前に公開されたルーシー脱出シーンも載っけときます。まぁほとんどTrailerで出ていたシーンなので、あんまり新鮮みはありませんが(笑)。



米国では7月25日から公開される「Lucy」。日本でも8月29日から「LUCY/ルーシー」の邦題で公開決定。楽しみです!

日本語版予告編






nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の最新予告編とゾッとするシーン全長版。 [洋画News]

Dawn_of_the_Planet_of_the_Apes.jpg「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の新しいTrailerが公開されていました。

前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の10年後を描くという事で、人間側のキャラクターは総入れ換え、猿のキャラもシーザーアンディ・サーキス)の他は数人(匹?)しか前作から続けて登場しない(前作はまだ猿キャラも少なかったし)ので、続編としてはかなり特殊な位置付けの作品となりそう。旧シリーズへと向かう、年代記的な作品ならではと言えるかもしれませんね。

今回、改めて猿の仲間の中でも様々なドラマが描かれるらしい事がよく分かるつくりになっていますね。これは旧シリーズでは技術的な問題もあって不可能だったところだと思うので、現在の技術があってこそ描かれる部分という事になります。



今回衝撃的なのは、中盤で猿がバカなフリをして二人の人間を騙して銃殺するところでしょう。直接的に銃弾が撃ち込まれる描写がないのが救いですが、それにしても背筋がゾッとするシーンですね。

このシーンの映画内での実際の尺が公開されていますので、興味のある方はご覧ください。



いや、コエエ(笑)。

評判も高かったルパート・ワイアット監督からバトンを引き継いだ、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督の「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は7月11日全米公開。日本公開は9月19日です。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

元007のP・ブロスナン主演「ノベンバー・マン」予告編。 [洋画News]

novemberman.pngピアース・ブロスナンもさすがに歳取りましたが、いまだにダンディ〜〜(笑)。

原作は邦訳が25年前に刊行されていた同名小説。米国情報局記録係の主人公が、仕事で英国に会いに行った相手が殺されていた事を発端にIRAとCIAの不可解な繋がりを知ってしまった事から、ヨーロッパ経済を巡る国家間の巨大な陰謀に巻き込まれて行く・・・・という内容らしいです。



ピアース・ブロスナンと言えば、みんなやっぱり007を思い出すと思いますが、ワタシみたいに007シリーズにほとんど執着がない人間としては(レビューも近作の「〜カジノロワイヤル」だけ)、ブロスナン・ボンドってほとんど見る機会がなかったんですよね。昔のショーン・コネリーやロジャー・ムーアの007は、昔はテレビでいっぱい放送してましたから、興味なくても見ちゃってましたけどねぇ。

彼の出演リスト見てたら、そう言えばという作品が。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」に、デミゴッドの学校の先生として出演してましたね。あんまり活躍しませんでしたが(笑)。彼ももう61歳だそうで、時の流れを感じてしまいます(笑)。

共演で注目は、ヒロイン役だと思いますがオルガ・キュリレンコ。割とコンスタントに映画出演もしてるみたいですが、ワタシの中では「ヒットマン」以来のイメージです(笑)。彼女「007スカイフォール」でボンドガールも演じてるので、時代は違えど期せずしてボンド&ボンドガールの共演という事になりますね(笑)。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「トランスフォーマー/ロストエイジ」TVCMでダイナボット絶叫w [洋画News]

Transformers_Age_of_Extinction_Poster.jpeg「トランスフォーマー/ロストエイジ」もTrailerを何度か紹介してきましたが、今回のはテレビスポット

テレビスポットは30秒/1分という時間制約上、従来はTrailerの短縮版という内容が多く、紹介する意味を感じませんでしたが、これは短い時間の中でも今まで出て来てない映像がふんだんに使われています。

細切れにしたアクションシーンのそれぞれに食いつきたくなりますが(笑)特にダイナボットが威嚇するように叫ぶ(相手はどうやらスタンリー・トゥッチ演じるジョシュア)最後のシーンは迫力満点!そしてメカニカルな舌が面白い(笑)。舌がある意味はあるのか?(笑)



ダイナボット大活躍が予想されるシリーズ第4弾「トランスフォーマー/ロストエイジ」は6月27日全米公開。日本公開は8月8日です。




レビュー「トランスフォーマー」「〜リベンジ」「〜ダークサイド・ムーン」

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。