So-net無料ブログ作成
洋画News ブログトップ
前の10件 | -

「スター・ウォーズ7」最新予告編+α(ファンメイド)版w [洋画News]



先だって発表された「スター・ウォーズ:ザ・フォース・アウェイクンズ」の予告編第2弾に、以前発表された第1弾の予告編の映像を挟み込んで出来た、ロングVer.のファンメイドのTrailerです。かの地のファンはホント上手いですね、こういうのw

取りあえず現段階で発表されている映像に関しては、これで全て満喫出来るということで。

正式な第2弾Trailerも載っけておきます。

最初の砂漠の星の映像にかぶさる音楽から朽ち果てたXウイングとデストロイヤーで掴みはOK、そして最後のハンとチューイのショットでグッと来てしまう、往年のファンの心理を巧みに突くJ・J・エイブラムス監督の手腕には脱帽してしまいますね。
こういう往時の作品をリスペクトした演出は、過去作に自らが関わり過ぎていたジョージ・ルーカスには絶対に不可能だったことを考えると、ルーカスの手を離れて「スター・ウォーズ」はやっと本当に伝説として機能し始めている、と言えるのかもしれません。

なお、砂漠の星の映像を見ると、ファンとしてはこれは当然タトゥイーンだろうと思ってしまうわけですがどうやら違うらしいです。
第2弾のTrailerは、米国で開催された「スター・ウォーズ・セレブレーション(ファン感みたいなもの。過去に日本でも一度開催されています)」の場で発表され、その時に設定等々を監督たちから暴露されているようで、その辺りの詳しい情報(プラスα)は映画CIAさんにてご参照ください(笑)。

何はともあれ、まだまだこの一年盛り上げてくれそうで楽しみです!
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アベンジャーズ2」公開前の最終予告編! [洋画News]


まぁ見といてください(笑)。楽しみです♪







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「エイリアン」次作、監督はN・ブロムカンプなのか!? [洋画News]

個展絶賛開催中のtomoartです(笑)。
映画ニュース ニール・ブロンカンプ監督、「エイリアン」シリーズ最新作を監督へ - allcinema


最新作「チャッピー」が3月に欧米で公開予定となっているニール・ブロムカンプ監督ですが、次作はホントに「エイリアン」シリーズになるのかな?

「エイリアン」シリーズと言えば、本家リドリー・スコットが監督した「プロメテウス」の続編の話も出て来ないですねぇ。それ言ったら「ブレードランナー」続編の話もですが・・・・

「エイリアン」シリーズ最新作、というのは、「プロメテウス2」という意味ではないように感じますが、ということは「プロメテウス」プロジェクトと別に、「エイリアン4」の次に来る?作品を作るつもりでしょうかね。そう言えば「プロメテウス」の企画が固まる前、「エイリアン5」というウワサも結構続いていた時期がありましたね。

まぁまだウワサですから、どうなっていくか分かりませんが・・・・





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スパイダーマン、故郷に帰る。 [洋画News]

マーヴェルと言えば、やはりスパイダーマンが看板ヒーロー(ワタシはあんまり好きじゃないですが笑)。今までソニピに握られていた興行権がマーヴェルに戻って、ついにシネマティック・ユニバースにスパイディが登場するのか?
CIA☆こちら映画中央情報局です: Spider-Man:ソニー・ピクチャーズの「スパイダーマン」シリーズとディズニーのマーベル・シネマティック・ユニバースの合体が正式に決定!!、両社がプレスリリースで、業務提携を発表!! - 映画諜報部員のレアな映画情報・映画批評のブログです


ワタシは「アメイジング・スパイダーマン2」かなり面白かったんだけど、それって少数だったのかなぁ・・・・あれの続編もちゃんと見たかったなぁ。

とは言え、やっぱりマーヴェルが仕切っているシネマティック・ユニバースもべらぼうに面白いので(笑)スパイディの出演でますます盛り上がるのならそれはそれで有り難いですね。

CIAさんがいろいろと推測してるのを読んでいると、ますます楽しくなりそうです。
「シビル・ウォー」は確かにスパイディ抜きには語れない内容な(らしい)ので、これで本来の姿で語られそうですね。

そして、サム・ライミとマーク・ウェブが描いて来た、アップトゥデートされ切っていないように見えるスパイディの姿が、大本営であるマーヴェルの手によって一体どんな風にデザインされるのか、その辺りもメッチャ気になります!

これからの動向に目が離せない要素が、また一つ追加されましたねぇ(笑)。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウォシャウスキー姉弟「ジュピター」全米公開初動はイマイチ… [洋画News]

映画ニュース 全米興行成績、「スポンジ・ボブ」劇場版第2弾が大ヒット・スタート - allcinema
ウォシャウスキー姉弟SFアクション大作「ジュピター」は3位に初登場ランクイン。


だそうです・・・ワタシは結構期待しているんだけど、何となくボツった感(笑)。むー、どうなんでしょうかねぇ。

一応3位だけど、週末興収が1900万ドルじゃねぇ・・・・せめて5000万ドルくらい行かないと、バジェットの1億5千万ドルは回収不可能じゃないですかね。

まー彼らの作品と言えば、「スピード・レーサー」もヒドい興収だったし(爆)でもワタシは大好きな作品・・・・ということは、この「ジュピター」もワタシ大好きな作品決定かな?(笑)

取りあえず日本公開自体は決まっているので、見逃さないように気をつけよう・・・。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハインライン「輪廻の蛇」映画化作品が来月公開。 [洋画News]

5年半前に映画化のウワサを書いたのですが、そこから紆余曲折試行錯誤の末、あの「デイブレイカー」のスピエリッグ兄弟が監督になって完成したんですね。

映画タイトルは「プリデスティネーション」となっていますが、原作はロバート・A・ハインラインの「輪廻の蛇」。
これは複雑怪奇なタイムトラベルものです。

主人公のバーテンダー(イーサン・ホーク)は時空警察官で、爆破事件の犯人を追っていますが、なぜかバーで知り合った男の復讐に手を貸してやることに・・・・
・・・と言うわけですが、ストーリーはあんまり知らずに行った方がいいんじゃないかと思います。
ただ公式サイトがかなりの部分ネタバラししているのが何とも。
多分、映画の内容自体が地味な感じなので、一般客を呼び込むためにある程度ネタを見せなければ観に来てくれないのではないかというプロモーション上の都合があったんでしょう。

どうやら原作にかなり忠実なつくりらしいので、物語の出来はそれなりにいいはず。
“驚愕のどんでん返し”がたくさんあり(ワタシは前回調べているうちにかなりの部分を知ってしまったが・・・)、知らずに観ればスゴく楽しめるんじゃないかと思ってます。

「デイブレイカー」のスピエリッグ兄弟なので、ビジュアル面も結構期待出来るんじゃないかな。
ということで取りあえず日本版予告編をご覧ください(笑)。


「プリデスティネーション」は1月9日に米国公開済(話題になってないが汗)、日本公開は2月28日です。



これを機会に、ハインラインの短編集「輪廻の蛇」も再販されるようですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アベンジャーズ2」最新予告編! [洋画News]

楽しみな「Avengers: Age of Ultron」のTrailer第2弾が公開になっていました。
最近のトレンドチックに、ややダークな仕上がりですね。

とはいえアクションシーンの触りも満載で、否が応にも期待が高まります!


アイアンマンの、いわゆる「ハルクバスター」スーツがカッチョいいっす!(笑)

以前「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の話題の時に指摘したように“トニー・スタークが自らの代わりに悪と戦ってくれるヒューマノイド型ロボット・ウルトロンを開発するも暴走、人類を滅ぼそうとする”というストーリーのアウトラインは正しいようです。やや「X-MEN: フューチャー&パスト」とネタが被ってますが・・・・(笑)。

「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は5月1日全米公開。日本公開は7月4日の予定です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

SFスパイ映画「キングスマン」のデラ面白い!予告編!! [洋画News]

以前紹介した時も『絶対見たい!』と書きましたが、今回の予告編を見ると更にその感を強くしますね!そして気付けば日本公開も決定しています!ウレシイぞ!



マシュー・ヴォーンの監督作と言うとどうしても「キック・アス」の印象が強くて(笑)ローバジェット作品みたいな気になってしまうのですが、さすが「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を成功に導いた監督。発表がないので具体的な数字はわかりませんが、しっかりお金をかけて作ってるみたいです。

元々最初の米国公開予定日は10月24日だったのに、現在は来年2015年の2月13日となっています。この予告編を見ると、きっとポスプロに時間かけ過ぎて完成が遅れたのではないかと思いますね(笑)。

メッチャ楽しい娯楽作になりそうな「Kingsman: The Secret Service(邦題未定)」。最速の公開はサンダンス映画祭の1月27日。そして日本公開は2月22日の予定です!





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

TVアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」映像色々。 [洋画News]

Star_Wars_Rebels_logo.pngJ・J・エイブラムス監督のエピソード7に向けていろいろありそうな「スター・ウォーズ」関連。大きいのは「スター・ウォーズ 反乱者たち」というテレビアニメシリーズでしょう。

テレビアニメのシリーズというと、ルーカスが作ったテレビ版「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」が思い出されます。エピソード2と3の間の物語でしたが、内容が子供騙し過ぎて日本では全く盛り上がりませんでしたねぇ。

今回はディズニー制作になったので、前回のようなヒドい事にはならない・・・と期待したいところ(笑)。特に今度はエピソード3と4の間、つまり新三部作と旧三部作の間の20年に及ぶ空白を埋める物語であり、旧三部作ファンとしても興味をそそられる内容となるわけですし。

その「スター・ウォーズ:反乱者たち」のクリップ映像が公開になっていました。



いかにもファルコンっぽい船が帝国のタイファイターとドッグファイトするという、ちょっとあざといシーンですが(笑)まぁワタシ的には許容範囲かな、という感じ。今回のアストロメク・ドロイドのデザインがちょっと独特で面白いですね。確かに手があった方が、キャラクターとして扱いやすいんだろうと思います。

今作の事は今までは、やっぱりテレビシリーズだし、アニメだし、と、どうしても「クローンウォーズ」の悪印象ばかりだったのであまり注目していませんでした。そうしてるうちに随分と予告編やらクリップ映像やらがわらわらと出ていますね。取りあえず見かけたものを貼っときます。









日本でも今冬にディズニーXDチャンネル(CS有料放送)で放送されるようです。何話作るのかよく分かりませんが、それほど多くなければレンタルDVDなどで広く見られるかもしれません。「クローンウォーズ」無料放送が尻すぼみになってしまったNHKでの放送は期待薄かなぁ。





スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クリストファー・ノーラン監督「インターステラー」予告編。 [洋画News]

Interstellar_film_poster.jpgもう随分前に日本公開をお伝えしたままだったクリストファー・ノーラン監督の最新作「インターステラー」。監督が基本的に秘密主義なので情報もほとんど出て来ない感じですが、制作は順調に進んでいるようです。

全米公開が11月7日なので既に3ヵ月を切った計算になりますから進んでて当たり前ではあります。でも最近のエンタテインメント大作は、公開前に映像がやたら頻繁に出て来るのが当たり前になってしまっているので、こう情報が少ないとちょっと違和感が(笑)。

既に先月末に公開されていたものですが、Full Trailerが公開になっていたので紹介しておきます。これがFullとしては第2弾になりますかね。Teaser Trailerはほぼ記録映像を編集したもの、第1弾はヒューマンドラマ+宇宙映像。そしてこの第3弾では、ついに行き着いた先の惑星が出てきます。



第1弾の公開は随分前だったので、既に日本語版も公開されていますから貼っておきますね。



日本語版を見ると明らかなように、異常気象で食料危機を迎えた地球を見限って宇宙移民を計画した人類は新天地となる惑星の調査を計画、主人公たちはワームホールを利用して遠い銀河まで冒険に出掛ける、というストーリーのようですね。主人公のマシュー・マコノヒーは優秀なパイロットとしてチームに招聘される模様。

という事で、Trailerでは中心だった主人公一家の物語はどうやらせいぜい映画前半(もしくは1/3くらい)の物語で、後半は宇宙、そして新天地となる惑星の物語が中心になると予想されます。

新Trailerを見る限り、未知の惑星での冒険もありそうだし、当ブログ的にもますます期待大!です(笑)。

「インターステラー」の日本公開日ですが、当初の報道では12月12日、IMDbでもJapanは12月13日となっているのですが、今日本版公式サイトを見ると11月22日となっています(!)。もしかして、スゴく早まったのかな!?これはもしや、配給側がロングランを見越して前倒しにしたのかも?真相はわかりませんが、ますます楽しみですね。




バットマン ビギンズ [Blu-ray]

バットマン ビギンズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら
ダークナイト [Blu-ray]

ダークナイト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら
ダークナイト ライジング [Blu-ray]

ダークナイト ライジング [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら
インセプション [Blu-ray]

インセプション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 洋画News ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。