So-net無料ブログ作成

話題沸騰!数々の賞を受賞した人形アニメ「JUNK HEAD 1」を見てみた。 [その他]

この作品は殆ど一人で制作したコマ撮りアニメです。所詮しがない自主制作です。どうぞハードルを下げて視聴ください。・・・・という書き出しで始まるこの作品。自主制作だというのに1000年単位で未来の社会を描いている壮大な世界。コマ撮りアニメという、画面内のもの全てを作り出さなければならない手法。それを(わずか)4年で作り上げた情熱。何もかも敬服以外の何者でもないですね。

遠い未来/遺伝子操作により長寿を得た人類は/代償として生殖能力を失った/クローンとの対立から/1200年後の世界/人類は下層で生きるクローンの/生態調査を始めた・・・・てことで30分見続けられる時に、以下の本編をご覧下さい。

一本の作品としては、消化不良だし突っ込みどころ満載だけど、一人の熱意に圧倒されてしまうというのが第一印象。

世界観の情報不足などは、ここを読んでみてください。ナルホドって感じです(笑)。

そして、各所で評価された事でこの作品の続編というか、長編映画化の企画が進んでいるようです。詳細は作者・堀貴秀氏のブログなどをチェックしてみて下さい。

ちょっと楽しみな話題ですね〜!「9〈ナイン〉〜9番目の奇妙な人形〜」のように、ショートフィルムの時の方が良かった、なんて事にならないように頑張って欲しいものです(笑)。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

日産デザインのロボットアニメ「輪廻のラグランジェ」見てみたが。 [その他]

mecha_01_genga.jpg日産のデザイナーがロボットデザインを担当して話題になっているアニメ「輪廻のラグランジェ」の放送が始まったので、久しぶりにその手の番組を見てみた。



そのロボットデザインは好みの問題もあろうが、肝心のお話が結局のところイマドキのその他アニメ同様、ヒドいのでやっぱり見続ける気はしなかったなぁ・・・・。「美少女」「美男」「学園もの」など流行りの記号の固まり。そして唐突で大げさな拙い演出。要は『キャラクター人気を煽る』ための物語であり、語るべき物語からスタートしているように見えない。そこが一番残念。

日産とのコラボで割とニュースにもなったし、少しは一般層を引き込もうという気概のあるアニメなのかと思ったけど、残念ながらニッチな層のみを対象にした悲しいアニメでした。もう日本のアニメには希望はないのかねぇ・・・・。



Blu-ray他の発売もヒットの状況に関わらず決まってるし。完全に従来の枠内のビジネスベースに乗っかってるだけですね。つまり関わってる人たちの頭ん中からして、はなからビッグヒットなんて狙ってない訳ですよ。いや、こういう商売があってもいいけどさ。片方で広く一般に受け入れられるような作品も作っていかないと、商売だってどんどん先細りしていくよ。こういう姿勢が社会に蔓延してるから閉塞感から抜け出せないんじゃないのかね。
輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]

輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

【訃報】トランペットのイチロー逝く・・・池田駿介氏。 [その他]

51mC3o6JvxL._SS500_.jpg「電人ザボーガー」の話題で、昭和40年代の特撮に思いを馳せていたところにこんな訃報が届くとは・・・・。
イザ!
俳優の池田駿介氏死去 「キカイダー01」で主演
池田駿介氏と言えば、「人造人間キカイダー01」主演というのももちろんですが、「帰ってきたウルトラマン」の南隊員としても大変な人気がありました。

一目で分かる人の良さ、優しげな眼差しが、池田さんの素晴らしさでもあり、また役者としては欠点だったんでしょう。その後は余り役に恵まれた印象がありません。でも「01」や「帰りマン」を見て育った年代には忘れ得ぬ役者さんでした。

ご冥福をお祈りします・・・・。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

感動!石川秀美は四十路を越えても美しいw [その他]

引退後も幾つかCMに出ていたようなんですが、ワタシが動画を見たのは本当に引退以来でしたね。プチ・・・というより本気で感動しました!と言う事で、そのCMをご紹介。


ワタシは昔から基本的にアイドルとか、あんまり興味がない方なんですが、何故か石川秀美にはやややられたんですよねwどちらかと言うと雑誌のグラビアとかを見て「なんかええやん(どこの人!?)」と思ったのが始まりで。別に写真集買う訳でもなく、CD(当時はレコードか)買う訳でもなかったんだけど、何だか気になる、という感じで。

やっクンとの結婚の時は結構ガックリきましたね。今みたいにそういう話題はオープンでもなく、結婚だ離婚だなんてのはまだまだ全然出て来ない時代でもありましたし。

hidemi1.jpg結局CDもレンタルでダビングしたカセットテープを後生大事に持っていたくらい。

先日、ブックオフでベスト盤を見かけて、結構高かったけどなかなか出物がないので入手しておいたのが唯一の形として残っている秀美グッズですねw






ただ、ティーンエイジャーとして夢中になったアイドルが他にいなかったので、そういう意味で非常に思い入れのある人なんですよね。5人のお子さんを生んで、尚、美しく過ごしている姿を見ると、やっクンと結婚して良かったんだねぇ、と今となっては嬉しくなるのでした。
石川秀美S60.jpg

これはたしか、週プレのグラビアの模写だったかな。昭和60年11月5日という日付が時代を明らかにw黄ばんでるし・・・・。嗚呼セイシュン。


初めてアマゾンで石川秀美を検索したけど、意外と今でもいろいろ買えるんだなぁ。どうしよう(木亥火暴)。
GOLDEN☆BEST

GOLDEN☆BEST

  • アーティスト: 石川秀美,竜真知子,鈴木博文,松宮恭子,SHOW,安井かずみ,売野雅勇,三浦徳子,松本隆,山田ひろし,麻木かおる
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/12/22
  • メディア: CD
アイドル黄金伝説 石川秀美 [DVD]

アイドル黄金伝説 石川秀美 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブロードウェイ
  • メディア: DVD
いい夏HIDEMI―石川秀美写真集

いい夏HIDEMI―石川秀美写真集

  • 作者: 白石 芳雄
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 1983/01
  • メディア: 単行本
石川秀美写真集 (近映文庫)

石川秀美写真集 (近映文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 近代映画社
  • 発売日: 1986/04
  • メディア: 文庫

タグ:石川秀美
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

秋葉原にガンダムカフェ登場!? [その他]

135591.jpgバンダイが運営母体らしい・・・・どーなの、これ!?
インサイド
ガンダムオフィシャルカフェが秋葉原駅前に4月24日オープン
記事を見る限り、常設店舗らしい・・・・いよいよこんな時代になって来たのか(汗)。

と、検索かけたらちゃんと公式サイトがあんじゃん!
ガンダムカフェ
JR秋葉原駅電気街口すぐそばのカフェ&バー
まだ内容ないけど・・・・メニューは、記事の方に紹介されている「ジャブローコーヒー」と「ガンプラ焼」しかわからないし、価格も出てない。バータイムもあるって事は、アルコールもあるのか。落ち着いたら飲みに行ってみたい!

ただ心配なのは、バンダイって値付けが下手な事。基本的に消費者目線で決めずにメーカー目線で決めて来るから、コーヒー一杯400円とか、ビール一杯800円とか、今どきその値段ねーだろ!?ってなりそうなのが怖いなぁ。
消費者の目から見ると、明らかにアンテナショップ的に見えるから、商売度外視で普通の人でも入りたくなる値付けが望ましい。コーヒーはせめて250円、ビールも一杯500円は切って欲しいな。ガンダムファン層を広げて行く足がかりにする気が少しでもあるなら、コーヒー180円、ビール380円とかいう価格で攻めて欲しい!・・・・まぁ、無理か。

ただ価格がバカ高かったとしても、アキバ名物的に客は集まっちゃいそうなのが、またヤだ(笑)


最近良く取り上げられているガンプラと言えばコイツ。下のMMとかと絡ませられるスケールなのがスゲーです(汗)。
メガサイズモデル ガンダム

メガサイズモデル ガンダム

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
1/48 MMシリーズ シュビムワーゲン166型

1/48 MMシリーズ シュビムワーゲン166型

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
1/48ジープ ウイリス MB

1/48ジープ ウイリス MB

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

タグ:ガンプラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「大魔神カノン」の試写会に行って来ました。 [その他]

daimajin_canon1.jpgなんと先日紹介した高寺重徳P復帰調話題作(?)「大魔神カノン」の試写会に当たってしまいましてw悪天候の中、会社を中抜けして(汗)行って来ました。

一つ言っておきたい事は、イベントとしては残念ながら主催者側の仕切りが悪かった。

時系列でお話しすると、18時会場、18:30開演で、席は全て自由席、というので、仕事とのギリギリのせめぎ合いで17:20くらいに会場のスペースFS汐留(新橋駅の近く)に到着。着いた時はだいたい10人程度が雑然と入口前でウロウロしてる感じでした。入口には何の表記もされていないので、取りあえず入ってみたら、「(マスコミ・関係者以外の)一般の方は時間まで外でお待ちください」と言われ表に逆戻り。しかも表には、この冷たい雨の中、小さい軒しかなく、程なくしてそこから列を作り始めたら、大多数が傘をさしながらの待機。しかもそのまま30分以上待たせるという無茶。これでは文字通り、楽しみに水を差された状態。もう少し何とかして欲しかったですねぇ。

入場開始後の運営はそれなりでしたので、多分応用力の問題というか、主催者側の経験不足でしょう。雨の場合の想定や、早くから一般の客が集まって来る事が考えられていなかった気がします。一つは入口前にハッキリと「一般の方のご入場は○○時からとなります。建物に沿って、2列に並んでお待ちください」という看板や、ロープを張ったポールで列の指示がハッキリしていれば、早めに来た人もハナから並んでたと思います。そしてそんな状況の中なのだから、準備の都合もあるでしょうが、少しでも早く入場開始させれば、集まった人たちの心証もずいぶん違ったものになったと思います。

ワタシもイベント屋に近い事を身近にずいぶん見て来ましたので、やや厳しい意見かもしれません。ただワタシもそうですが、こうやって試写会の事を何らかの表現で発信して行く人たちが、あの行列の中に沢山いたはず(実際ワタシ同様、Twitterにリアルタイムで幾つも投稿があった)。そんな世の中では、マスコミを優遇しているだけでは意図した形で情報が流れて行かない事は重々承知していて欲しいですね。

と前置きが長くなりましたが、試写会の内容に話を移しましょう。

二部構成で、一部は舞台挨拶。そして二部が一話「歌遠」二話「彼音」(どちらもカノンと読ませるのかな?)の連続上映という形。

舞台挨拶は高寺Pと主演の里久鳴祐果(りくなゆか)、ブジンと呼ばれる今回の大魔神と、大魔神に倣ってハマの大魔神・佐々木主浩が登場(爆)。司会のテレ東アナ・前田海嘉(たしか・・・)と予定調和的な話w
記憶に残った話は、高寺Pが大魔神を現代に蘇らせたのは「人知を超越したものが見守っている、といった気持ちが現代を生きる我々には必要なんじゃないか、と思った(うろ覚え)」と語った事や、主演の里久鳴祐果が「冬に薄手の服で撮影をしていたので、そこら中にホカロンを貼っていた(主旨)」という逸話、そして大魔神佐々木が昔から、そして今でも大魔神と呼ばれる事は余り好きではなさそうなところ(爆)。前田嬢から、今では気に入っている、と振られた言葉に促されてうなずいてはいたけどw

そして肝心の上映作品の内容ですが、二話分だけを見てもなかなか評価はできんですね。全体としては、やっぱり高寺Pの手がける作品と言った雰囲気ではあります。ただ仮面ライダーだった前二作に比べて、主役が女性と言う事と、そして深夜枠での放送と言う事もあるのか、恋愛モードなところや、ややお色気チックなショットがあるのが新鮮な感じ(笑)。

一話含め、多分出だしの数話は、割とモッサリして面白いのかどうなのか、わからないような展開になるんじゃないかと思いますが、それは響鬼も結構そういう印象でした。そういう意味では続きに期待!という感じです。

daimajin_canon2.jpg


最後に、会場で配られたチラシと、抽選会(番組の特製Tシャツとパーカー、合計で9名に当たった・・・もちろんワタシは外れ汗)用の半券チケット。これはプレミアものになるかなぁ(笑)。



「大魔神カノン」(公式サイトはこちら)は、いよいよ4月2日から毎週金曜深夜1:23〜テレビ東京他で放送開始!(全26話予定)


里久鳴祐果関連。「カノン」が実質デビュー作というのだが、仕事はそれなりにやって来てるのね。ややおかめっぽい顔立ち(暴言)なのが、「カノン」にはあってるけど、グラビアとかはどうなのかねぇ。
R―里久鳴祐果写真集

R―里久鳴祐果写真集

  • 作者: 唐木 貴央
  • 出版社/メーカー: 彩文館出版
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 大型本
里久鳴祐果 RIKU NAVI [DVD]

里久鳴祐果 RIKU NAVI [DVD]

  • 出版社/メーカー: リバプール
  • メディア: DVD

この作品も出演してるんだなぁ。これは一体どういう作品なんだか・・・。
呪島 [DVD]

呪島 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

お台場ガンダム見て来ました! [その他]

これが朝9時の状況です。近所にあるマンションの住人たちが、朝の散歩ついでに来てたりもするようなので、本当にがら空きの状況で撮影をしたいなら、かなりの気合いを必要としますね(汗)。
090720odaiba_gundam15.jpg

最初の感想は、「意外と小さい・・・(爆)」。樹に隠れて見えないんですよ、近くに行くまで。また、お台場周りは大きい建物が多いので、埋もれてると言うのもあるかもしれません。足元に行って大きさを実感すると、ちょっとワクワクしますw

ワタシは家からのルートの都合でりんかい線の東京テレポート駅から行ったのですが、これが結構歩きます。これからの熱い季節、GREEN TOKYO ガンダム・プロジェクトから最も近いゆりかもめの台場駅から行く事をお薦めします。(どこからでも、それなりに看板は出ています。)ちなみにご存知の通り、この辺りはフジテレビのお膝元であり、夏休み向けに「お台場合衆国」なるくだらない催し物をやっているので周囲も人がごった返しております故、車で行くのは自殺行為と思われます。

さて開園前に撮影だけして来たので、開園中に行く方へのアドバイスは余り出来ませんがwこれから撮影に行こうという方へ。

ガンダムを撮影するスタンドとか設置されていたりするので(時間外は立ち入り禁止になっています)そこから普通は撮ると思いますが、もう一つのスポットはガンダムの正面にある公園の管理事務棟。トイレなどが設置されている建物なのですが若干の高台になっているので、ここから撮影すると(足元の人は入りますが)割と全体を見渡せていい感じです。そこから撮ったのがこの上の写真。
また、当然ですが正面側は人が群がってますが、後ろを撮る人は少ないのでこちらも狙い目かと。
実は公園の外側からも撮影を、と考えていたのですが、樹に隠れていてほとんど見えません。もしかしたらスポットがあるのかもしれませんが、見渡した範囲ではダメそうでした。ですから素直に公園に直行するのがよろしいかと思います。
太陽は、朝はガンダムの正面から差してます。夕方は逆光になりそうですね。

レンズは、ワタシは心配だったので35mm版換算で18-36mm28-108mm110-400mmの三本を持って行ったのですが、28-108だけでも充分撮れます。28mmまでの広角は欲しいですけど。35mmくらいしかないと、少し離れないと全身が入らないかもしれません。望遠は、ディテールの撮影をとことんしたい方は持って行きましょうw ただ混雑するので、三脚の使用は時間によっては難しくなるかもしれません。手持ちで撮るつもりで行った方が良さそうです。

撮影の時に気をつけたいのは、空抜けで白いガンダムという被写体なので、オートで撮ると露出アンダーになりがちなところ。ただ、白飛びして空と一体化しちゃってもつまらないので、この辺りは現場でチェックしながら撮影する事が必要です。もしくはワタシのようにRow撮影して家で調整するか(笑)。

それ以外では、ガンダムの後方にガンダムショップがあって、例のお台場限定ガンプラなどを売ってるようです。ワタシは開店前に引き上げちゃったので確認出来ず。しかし、朝の9時から買う人の大行列が出来てたので、欲しい方はかなり気合いを入れて行く必要がありそうです。それにしても品切れとかは大丈夫なんでしょうか。

ゆりかもめに乗っている時に、場所さえ分かっていれば豆粒のようなガンダムの上半身が林の上から突き出ているのが確認出来ますが、場所が分かってないと気付きません。帰りに台場駅から新橋駅へ向かうゆりかもめを使う人は、進行方向左側を目を皿のようにして見てみてください(爆)。

さて、以下は写真集でございますw

続きの写真集を見る


タグ:ガンダム
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

NHKでやってる星新一のショートショート映像化作品がDVDに! [その他]

やってるとついつい見ちゃうんだよねぇ。やっぱりトボケた味や不思議な空気感がありますよね、星新一の作品には。小説ももちろんいいんだけど、このNHKの企画ものは、色々な見せ方をしていて飽きさせない。こういうのは民放では出来ない芸当だよなぁ。
星新一 ショートショート DVD-BOX

星新一 ショートショート DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
ちょっと高いのがネックだけど、内容は間違いないでしょう。出来ればそのうちバラ売りしてくれれば、レンタルでも手軽に見れるんだけど。

というか、まだどんどん再放送してますから、もし未見の方がいらっしゃったら取り敢えず見てみてくださいね。月曜22:50からの10分番組です。
NHK「星新一 ショートショート」
公式サイト



山のように出ている星新一のショートショートですが、何と言っても代表作はこれですよね。
ボッコちゃん (新潮文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

  • 作者: 星 新一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1971/05
  • メディア: 文庫

タグ:星新一
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

何故か急に「愛はブーメラン」が頭を回りだしてしまいました。 [その他]

ブーメランだから回るのは当然なのか(爆)。いったいなんで思い出したのか、それがよく分からない。「スカイ・クロラ」からの押井守絡みで「うる星やつら」を思い出した訳でもないと思うのだが・・・・。という訳で(?)、「愛はブーメラン」のお裾分けでありますw

いいなぁ、やっぱり。「ビューティフル・ドリーマー」をレビューしていない事に今さら気付きましたが、これのレビューはちと荷が重いw 今更だし。ま、気分が乗ったらって事で考えとこう(笑)。


これに収録されてるみたい。うーん、シングルなら買ってもいいんだけど(爆)。iTunes Storeにもなかった・・・・。
「うる星やつら」 ラムのベスト・セレクション2

「うる星やつら」 ラムのベスト・セレクション2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キティ
  • 発売日: 1994/12/01
  • メディア: CD

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

  • 出版社/メーカー: 東宝ビデオ
  • メディア: DVD


実は「うる星やつら」の曲と言うともう一つ、「星空サイクリング」も大好きなんですw

ということで・・・・続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

鷹の爪団気取りか!?(木亥火暴) [その他]

へっへっへっ、ついに買っちまいましたぜ。
P8194503.jpg
「鷹の爪団」缶バッジ。一番人気の「鷹」「総統」「吉田くん」セットです。海老名のTOHOシネマズで最後の一つだったので、ついに意を決して買いました(爆・・・そんなに高いもんじゃないんですけどねw)。これを付ければ、ワタシもいよいよ「鷹の爪団」の一員だ(アニメほとんど見てないけど爆)。劇場に行っても一人じゃない、一人じゃないんだな!(木亥火暴)。


映画第二弾DVDです。博士も人気キャラなんですよね。でもTOHOシネマズの前座アニメばっかり見てるワタシとしては、吉田くんの印象が強いんですよね(汗)。

タグ:鷹の爪
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。