So-net無料ブログ作成

アメイジング・スパイダーマン2(2D・字幕版) [洋画レビュー]

The_Amazing_Spiderman_2_poster.jpg「アメイジング・スパイダーマン2(2D・字幕版)」
(監督:マーク・ウェブ)

今日もスパイダーマンとしてニューヨークの人々を守るピーター(アンドリュー・ガーフィールド)も、いよいよハイスクールの卒業式を迎える。総代スピーチは・・・なんとグウェン(エマ・ストーン)!素晴らしい卒業式だったが、その夜、グウェンの父親(デニス・リアリー)と交わした約束に取り付かれていたピーターはグウェンとの仲を終わらせる事に。
一方、オズコープ社では社長であるノーマン・オズボーンが病死、その息子でピーターの同級生ハリー・オズボーン(デイン・デハーン)が社長に就任する。しかしそのオズコープ社の発電装置で事故が起こり、従業員マックス(ジェイミー・フォックス)が電気人間エレクトロへと変容。ニューヨークはパニックに包まれる。


前作も高評価を得、今作の前評判も上場なマーク・ウェブ版スパイディ第2弾。確かに面白かった!「スパイダーマン」シリーズは、いったい何が受けているのか。その答えをまざまざと見せつけられるような作品だ。その答えは、一言で言えば『人間ドラマ』だ(笑)。余りにもそのまんまなのだが・・・・。

まぁちょっとアメコミ知ってる人には言わずもがななのだが、スパイディはある意味最も観客一人一人に近い存在だ。10数年、普通に(というよりちょっとひ弱に)育って来た少年が蜘蛛に噛まれたところから急にヒーローになってしまう。しかも孤独に戦うまちなかのヒーローだ(別名“親愛なる隣人”と呼ばれる由縁だ)。

例えば同じマーヴェルなら、先日最新作をレビューした「キャプテン・アメリカ」は生い立ちもあってS.H.I.E.L.D.で仲間と共に戦う。「ファンタスティック・フォー」も研究者仲間のヒーローユニット。「アイアンマン」は大富豪だし、「マイティ・ソー」に至っては神様だ。DC系なら「スーパーマン」は異星人だし、「バットマン」は大富豪、「ワンダーウーマン」はアマゾネスだ。ヒーロー物語を語るには、それなりのバックボーンが必要なのだ。

それらに比べるとスパイディは本当に孤独な戦いだ。巨大な陰謀にたった一人で立ちふさがり、時にユーモア溢れる軽口を叩いては自分を鼓舞する(この辺り前作より増えた印象で、暗くなり過ぎないことに貢献している)。だからこそ見ている我々はその他のヒーローたちに比べて深く感情移入し、だからこそ応援してその活躍に喝采するのだろう。

今回のピーターは、実は輪をかけて孤独な立場だ。同居しているメイおばさん(サリー・フィールド)には心配させないようにスパイダーマンである事は黙っているし、正体を知り理解してくれているグウェンとは別れるし、友人のハリーとは・・・・だし(汗)。

その一方でスパイディは、ピーターも思わぬ程に街の人気者へとなっていく。この落差が一層ピーターの立場を悲しいものに感じさせる。だからか、原作ファンには有名な反スパイディ編集長J.J.はメールでしか登場しない(笑)。スパイダーマンを非常に社会で肯定された存在として描いている。

しかしアンドリュー・ガーフィールドは上手い。ちょっと照れてはにかむような笑顔から、非常な悲しみに暮れる表情など、様々な人に翻弄され葛藤が続くピーターをしっかりと演じている。エマ・ストーンもややアイドルちっくながら(笑)アンドリューの演技をちゃんと受けていて好感。

ただメイ役のサリー・フィールドはなんとなくパッとしなかったなぁ。彼女が心に残る演技を披露していたら、スゴい映画になったと思うんだけど・・・・これは彼女の問題か、監督の問題か。監督かなぁ・・・自分が感情移入出来ないキャラクターの演出が弱いのかも、と想像。ピーターとの間にもう少しウィットに富んだ会話があって、ポイントポイントに胸を打つセリフがあれば良かったのになぁ。

とにかくスケール感アップ、アクションも大盛りに、ドラマもグッと深堀りされて、どこを取っても前作比でレベルアップしている。ワタシの好みの作風でないのは間違いないので、わざわざ再見するかというと微妙だけど、それでも見ている間は十二分に楽しむ事が出来た。お薦めです。




そう言えばワタシ、1作目でスパイディの正体がグウェンにバレてないと、ずーっと誤解してました(汗)。先日前作のテレビ放送を見て思い出しました・・・・恥ずかしい( ;´Д`)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。