So-net無料ブログ作成
検索選択

ダークナイト ライジング(字幕版) [洋画レビュー]

Dark_knight_rises_poster.jpg「ダークナイト ライジング(字幕版)」
(監督:クリストファー・ノーラン)

前作で全てを被って闇に消えたバットマン。そしてそれ以来、すっかり屋敷から出てこなくなったブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)。彼は既に身も心もボロボロになっており、杖をついての生活を余儀なくされていた。そのウェイン邸のチャリティパーティに紛れ、ブルースの母の形見のパールネックレスを盗み出した黒服の女がいた。彼女はセリーナ・カイル(アン・ハサウェイ)。富めるものからしか盗まぬ事をモットーとする女盗賊だった。だが彼女が本当に盗んだのはネックレスではなかった・・・。
一方、裏では密かに、ゴッサム・シティを揺るがす大規模な計画が進んでいた。その指揮を執っているのはゴツいマスクをつけたベイン(トム・ハーディ)。彼は“影の同盟”を追われた男だった・・・・。

いやー、素晴らしかった。今作によって、ワタシの中のこのシリーズの格は2段か3段ぐらい上がった気がする。

何と言ってもバットマン/ブルース・ウェインに集約されたストーリー展開が良かった。ここまでブルースの内面・感情に迫った作品は初めてだったんじゃないだろうか。それでもアルフレッド(マイケル・ケイン)が退場するまでは従来通りのポーカーフェイスだったが、特に“奈落(一種の刑務所?)”に閉じ込められて以降、ゴッサム・シティの苦境に対して何もできない状態からは、今までは一体なんだったの?というくらい演出も含めて感情丸出し(笑)。特にバットマン=マスクを被った時の感情の爆発が良い。この辺りからはさすがのワタシもブルースに感情移入しまくり。そのまま驚愕の黒幕やら止められない中性子爆弾処理やらで久しぶりにゾクゾクさせてもらいましたw

なんだ、クリスったらそういう演出も出来るんじゃん(爆)。

だからといって他のキャラクターが描かれていない訳ではない。確かに絞られてはいるが、ゴードン警部(ゲイリー・オールドマン)は相変わらず頑張ってるし、ブレイク刑事(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は若き日のブルースに重ね合わされて重要なキャラになっている。今回のヒロインのセリーナは複雑なキャラクターだがきっちりと描かれていた。アン・ハサウェイも頑張ってた〜。この辺りの脇役の素晴らしさったらない。その役にしか見えないもん。それって「ダークナイト」の時のジョーカー=ヒース・レジャーに対する感想だけど、今回はあれほど突出したキャラクターがいなかったからか、全体がそういう風になっている事が確認された感じがする。

ちなみに一度話題にしたけど、セリーナ・カイルは今作ではどこにも“キャットウーマン”とは出てこない。彼女はあくまで腕の良い女泥棒のセリーナなのだ。(パンフレットも律儀にそうなっているw)

あとガジェットね〜♬ BAT最高!大活躍!そして、バットボッドのタイヤの回転!!!!!すんません、惚れました・・・・(笑)。未見の人は何の事かと思うかもしれないけど、ガジェッターなら観たら納得すると思いますよ〜。今回はホントの意味でのバットモービルの出番はなかったねぇ・・・・。

小ネタもちりばめられてて、時々ハッとしたんだけど、完全チェックはもう一度観ないと厳しいな(爆)。でもこの作品ならもう一度観てみたいかも。一ヵ所だけ指摘しておくと、最後の最後、荷物を受け取ったブレイクが何と呼びかけられるかは聞いといた方がいいかも(笑)。

誤解のないように書いておくと、映画としては「ダークナイト」や「インセプション」の方が圧倒的にクオリティは高い(とワタシは思う)。もちろん今作も素晴らしい完成度なんだけど、それでも尚、前の二作の完成度がどれほど高かったか、という事が改めて認識できる作品でもある。

しかし、その前二作のレビューで散々書いた通り、理性では感嘆するほどの完成度を味わえても、ワタシの心に響くエモーショナルに乏しかった作品だった。それをガツンと払拭してくれた事で、映画としての完成度を超える魅力が今作に付加されたのだとワタシは思う。

前作前々作を見てないと本当には楽しめない今作。是非「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」を事前チェックして、クリス・ノーラン版三部作の完結を劇場で見届けて欲しい。ラストシークエンスを堪能して、その後の物語に思いを馳せて欲しい。定着している既存のキャラクターを使って、シリーズ最終作にこれほどの余韻を残すラストがあり得るとは。本当にグレイトとしか言えないお手並みでした。



【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ [Blu-ray]

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray
【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 7

堀越ヨッシー

バットポッドのタイヤ回転には、参りました!(^皿^)。
新型飛行艇バットのデザインは、正直微妙でした。あれで変形とかしてくれたら、チョー萌えたんですけどね(^皿^)。
by 堀越ヨッシー (2012-08-04 07:02) 

non_0101

シリーズの未来を予測させてくれるラストでしたね~
あのラストだけでもニッコリしてしまいます☆
by non_0101 (2012-08-04 13:08) 

tomoart

>YaCoHaさん
>怪しい探麺隊さん
nice!ありがとうございます。

>堀越ヨッシーさん
バットポッドのタイヤは、最初何が起こったのかわかりませんでした(^_^;) 「ダークナイト」ではなってなかったですよね?アレをいきなり乗りこなすセリーナ・カイルってば…スゴい(汗)。バットは…ほとんどギャリィ・ホバーでしたね(爆)。まぁこのシリーズは全体的にガジェットのデザイン自体はゴツ過ぎて今イチでした(汗)。使われ方で萌えるシーンはあったけど(笑)。

>non_0101さん
ラストは良かったですね。その後をあれこれ想像したくなります(^-^) クリス・ノーラン作品では珍しくないですか?ドツボにハマらず(笑)終わるのって(爆)。
by tomoart (2012-08-04 15:08) 

inuneko

確かに上手いとは思ったけど、こんなにも心揺さぶられはしなかったかも。
あのタイヤはコマ送りでじっくり再鑑賞ですね~!
by inuneko (2012-08-16 11:42) 

tomoart

>inunekoさん
nice!&コメントありがとうございます。それは残念でしたね(´・_・`) まぁワタシの場合はとにかく感情移入する受け皿が機能するかどうかが重要なので、そこはクリス・ノーラン映画としては予想外な程機能していたという事なんだと思います。
by tomoart (2012-08-24 03:00) 

coco030705

こんばんは。
遅くなりましたが、やっと観てきました。
すごいとしか言いようのない作品ですね。
どのスターたちもとってもよかった。感動作であり
超娯楽作品にもなっていて、ノーラン監督の才能を
改めて見せつけられました。
TBさせていただきますね。

by coco030705 (2012-08-30 00:34) 

tomoart

>coco030705さん
nice!&コメントありがとうございます。ずいぶん放置してました・・・・(汗)。これはいい映画でした(笑)。
by tomoart (2012-10-02 09:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。